海外FXのボーナスキャンペーンをうまく使うコツ

海外FXの魅力はボーナスキャンペーン

海外FXをするときは新規口座開設や入金でボーナスをもらえ、有効証拠金の一部として使うと便利です。ボーナスはそのまま出金すると持ち逃げになるためできませんが、元手にトレードをして利益を出せばできます。

新規口座開設のときにもらえるボーナスは元手にトレードをすると資金を準備しなくてもでき、自分に合ったサービスであるか確かめるきっかけになって便利です。

また、入金をすると有効証拠金を増やせて口座残高を増やせ、余裕を持ってトレードをすることができます。

ボーナスキャンペーンは期間固定で行われているため、最新の情報を確かめチャンスを逃さないようにすることが大事です。ボーナスをうまく使うためには追加して証拠金を準備しないように計画を立て、トレードのコツをつかめるようにすると有効活用できます。

ボーナスがもらえないこともある

ボーナスは口座タイプによってはもらえないこともあり、トレードのスタイルに合わせて決める必要があります。
海外FXといえばスプレッドが広く取引コストが高くなりますが、ECN口座を選べば狭くなる代わりにボーナスがもらえないため注意が必要です。
ボーナスは現金と区別されて扱われるため、出金をすればその場で失うこともあります。
ボーナスをもらえないときは有効証拠金が減りますが、取引コストを抑えれば短期売買を繰り返す方法にとっては有利です。
このため、ボーナスがもらえることは有利だとは限らないため、トレードのスタイルに合わせて必要かどうか判断して口座タイプを選ぶ必要があります。

詐欺には注意しよう

海外FXはボーナスキャンペーンや追証なしのゼロカットシステムがあるなどメリットをアピールしていますが、金融庁の許可を受けていないため利用を推奨されていないため注意が必要です。

また、金融ライセンスがないと無許可営業のため不正行為をされやすく、せっかく利益を出しても出勤を拒否されることもあります。

そのほか、信託保全が義務化されていないため資金管理がきちんとできていないこともあり、業者が倒産すると資金を失うリスクが高いです。
詐欺の被害を防ぐためには金融ライセンスを取得し信託保全であるか確かめて業者を選び、口コミや評判を参考にトレードをする必要があります。

海外の業者はレバレッジが高くて一獲千金を狙えるなど魅力があるように感じますが、マイナーな国に本社があることや不透明な部分も多く事前に調査して選ぶことが重要です。