仮想通貨取引所の口座開設に必要なこと

最近では仮想通貨を使ってFXなどの取引を行うことが注目され、興味があれば入手方法を知ると差額を利用して稼げるようになります。
入手の仕方は3つの方法があり、取引所で購入するか人からもらうかマイニングをすることです。

オーソドックスな方法はビットコインやGMOコインなど取引所で購入し、一番簡単に手に入れることができます。
ビットコイントレードは差額を利用して稼ぐきっかけになり、取引所で購入して使うと資産を増やせて効果的です。
人からもらう方法はお金のトラブルが発生しやすく、コミュニケーションがうまくできないと厳しくそれなりにリスクを伴います。

マイニングは仮想通貨を購入せずに手に入れる方法で、新しいブロックをブロックチェーンにつなぐ作業です。
流れは仮想通貨の送金をすると取引記録がすぐにほかの人に伝えられ、これらの情報を集めたものがブロッ仮想通貨を購入するには、仮想通貨取引所で口座を開設する必要があります。
口座開設のために必要なものや審査基準について紹介します。

口座開設の流れ

仮想通貨取引所に口座を開設するためにかかる日修は、取引所にもよりますが平均で3日ほど、長くても1週間ほどです。
口座開設の申し込みはネットから行うことができます。

ネットで申し込みをした後に取引所で審査が行われ、審査に通ったら口座開設のお知らせハガキが届きます。お知らせハガキには認証コードが記載されており、その認証コードをネットから入力すれば口座開設が完了します。

口座開設に必要なもの

・本人確認書類

本人確認書類の提出が求められます。提出できるものは、パスポート、免許証、マイナンバーカード、健康保険証などです。これらはアップロードをして提出します。パスポートや免許証は裏表をアップロードします。

・メールアドレス

口座開設をする際にメールアドレスの登録をします。

・スマホやパソコン

口座開設の手続きはネットで行うため、インターネットを使える環境が必要です。仮想通貨の売買もネットで行います。

審査基準

・本人確認書類を提出している

本人確認書類として提出できるものは、パスポート、運転免許証、マイナンバーカードなどです。年金手帳や福祉手帳なども提出できる取引所がありますが、顔写真つきのものが望ましいです。運転免許証は国内の仮想通貨取引所の口座開設に使うことができます。

・年齢条件を満たしている

口座開設には年齢制限があります。取引所によって年齢制限は違い、20歳以上なら口座開設ができる取引所が多いようです。未成年でも口座開設ができる取引所もありますが、保護者の承諾書や保護者本人の確認書類の提出が必要です。

・申告内容にうそがない

申告内容にうそがあると、口座を開設できたとしても虚偽がわかったときに強制解約させられます。意図的にうその情報を記載した場合でなくても、強制解約させられてしまうので注意をしましょう。
申し込みはネットで行いますが、その際に入力の間違いがないことを確認してください。

口座開設できないときに考えられること

・審査に時間がかかっている

取引所によって審査にかかる日数が違います。1週間ほどかかることもあるので待っていましょう。取引自体は土日にもできますが、審査を審査を行っている運営会社は土日は休みなので、7営業日ということです。

・何らかの不備がある

本人確認書類の有効年月日が過ぎている、記載した内容に間違いがあるなど、何らかの不備があると確認に時間がかかってしまいます。クでつないだものがブロックチェーンになります。

マイニングは新しいブロックを既存のチェーンにつなぐ作業で、成功すれば報酬が支払われる仕組みです。このため、金の採掘のような作業のためマイニングと呼ばれ、世界中のマイナーによって行われています。

以上のように、仮想通貨を入手する方法は一般的に取引所で購入し、安心して利用できるか確かめてから決めると良さそうです。
マイニングはビットコインの総発行量が2140年まで2100万BTCと事前に定められているため、あと120年ありますが現時点で83%になるため報酬が減額されて厳しくなることが予想されます。

仮想通貨は海外FXをするために使うと取引がスムーズにできて便利ですが、近年では利用を制限する業者も多く価値が下がっていることが現状です。
主な仮想通貨の使い方はレートを確かめて高くなるタイミングで売却し、トレードで利益を出せるようチャートで価格を分析する必要があります。

近年では仮想通貨をめぐる変化も起きているため、以前のように上がるだけというわけでなくほかのコインも登場しているため注意が必要です。
取引所を選ぶときは安心して利用できることを確かめ、手数料がかからずに差額で利益が出れば受け取れる金額が多くなるようにする決める必要があります。

仮想通貨は現物と違って損失を気にせずにトレードができますが、今後は変化が予想されるため対策を講じることが大事です。
入手方法は取引所を使う方法が一般的で、安心して利用できることを確かめて選ぶとリスクを減らせます。