金融庁が仮想通貨の研究を開始

2021年、日本の金融庁が仮想通貨の研究を開始しました。
日本政府が仮想通貨の研究を開始した理由ですが、日本では現在多くの副業があり、その中に仮想通貨や株式投資など電子取引に手取引が成立するものという物があり、旧来の電子取引と新しく生み出された仮想通貨のような取引が混合して成り立っているのが日本の現在のネットを介する副業です。

つまり、新しく生み出されたネットをお通して可能な副業と、以前からあるネット副業が混合しているが故、新しい副業側を研究する必要が生まれ、2021年の7月から仮想通貨のような暗号化通信の研究を開始したのです。

というのも、仮想通貨の暗号化通信を研究すること自体に目的があり、要は、既存のネットを通して成立する電子取引はすでに飽和状態にあり、不活性化しているため、電子取引を活性化させるにはどうすればよいのかということを追求していくうえで日本の金融庁は仮想通貨のシステム自体に目をつけたというわけです。

仮想通貨のシステムは高い匿名性があり、かつ低コストで高い匿名性を維持したシステム作りができるのではないかという目論見があります。

逆を言えば、現在電子データでやり取りされている株の他FXなどは未だ匿名性を重視したネットワークづくりがされておらず、安全上、仮想通貨の取引よりも劣るということでもあります。

この問題を解決するには、仮想通貨のシステム自体を研究し、他の分野に取り入れる必要性があるが故日本の金融庁はすでに仮想通貨は匿名性があるシステムが構築されているという実績を考慮して研究対象に固定し、2021年7月から独自にシステム研究をしてに行くと決定しています。

すでにある技術を研究して別に新しい技術を生み出すというやり方は、日本が得意とするやり方の一つであるため、恐らくですが、今後電子データをやり取りするネット副業には、匿名性という機能および、電子データのやり取りをする交換所や購入所などにおいては速度アップという機能も付与されていき、維持費も大幅に削減されると見込んでいます。

ただ、仮想通貨の場合も集中管理型のシステムがいまだありますので維持費については一概に分散型の維持費ではないのですが、日本の金融庁が研究するのはあくまで分散型のシステムであるため、維持費の削減とシステムの構築費用についてはかなり削減されたものを運用できるという研究結果になっていますので、今後仮想通貨のシステムがどのように運用されるかが注目点です。